2012年 01月 31日
エコールのパンツ
二月の繪も終わってしまい、次の繪の締め切りは三月なのでちょっと
暇な二月です。

毎日一本のDVD映画もまだ続いて、
このところは、戦後の小津映画をつづけて毎日見ています。
再度のもあれば、今まで未見のもあって、
彼のゆったりテンポの映画は年を取ってから観るのもなかなか心地よい気分です。

彼の楽しみは物語の進み方の展開の楽しみはまあ、ほとんどないわけで、
いわば酒を飲む席でのつまみはなんだろうかとか、お膳には何が
乗っているかとか、着物の柄はすごいとか、細部をじっくりみるという点にあって、
それは、それで、あら?あれ?といった新たな発見が
いたるところにあるといった面白さなんですよね。

所で<エコール>を見ました。
この映画と<ピクニックatハンギング・ロック>はその道の方々にとっては伝説の名画らしく、
僕はその道への嗜好はないのですが、何事も繪の修行、まあ一応見ました。
六歳から十二歳までの女の子が川で水遊びしたり、お風呂に入ったり、レオタードで
踊ったり、まあ、いろいろあるんだが、そんな、沢山の少女が出るんだが、結局これ何なの?
といった、何がなんなのかわからない映画で、実にどうも居心地の悪い映画であった。
こんな少女のパンツがいっぱい出る映画は、わざとらしく僕は実に嫌いだ。
a0126690_133919100.jpg

a0126690_2294793.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2012-01-31 13:15
2012年 01月 21日
大いなる幻影
古いニュースで恐縮なんだが、
2010FIFAワールドカップの開催にあわせて、英エンパイア誌が
「史上最高のワールドシネマ100本(100 Best Films of World Cinema)」を発表した。
ここでいうワールドシネマとは、英語以外の言語=外国語映画のことだ。
というニュースがあって、

トップ30は以下の通り(カッコ内は言語・製作国等/年度/監督)。
1.「七人の侍」(日本/54/黒澤明)
2.「アメリ」(フランス/01/ジャン=ピエール・ジュネ)
3.「戦艦ポチョムキン」(ロシア/25/セルゲイ・エイゼンシュタイン)
4.「自転車泥棒」(イタリア/48/ビットリオ・デ・シーカ)
5.「パンズ・ラビリンス」(スペイン・メキシコ/06/ギレルモ・デル・トロ)
6.「アルジェの戦い」(フランス・イタリア/66/ジッロ・ポンテコルボ)
7.「シティ・オブ・ゴッド」(ブラジル/02/フェルナンド・メイレレス)
8.「第七の封印」(スウェーデン/56/イングマール・ベルイマン)
9.「恐怖の報酬」(フランス/53/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー)
10.「千と千尋の神隠し」(日本/01/宮崎駿)
11.「甘い生活」(イタリア/60/フェデリコ・フェリーニ)
12.「メトロポリス」(ドイツ/27/フリッツ・ラング)
13.「ゲームの規則」(フランス/39/ジャン・ルノワール)
14.「トリコロール」3部作(ポーランド/93~94/クシシュトフ・キエシロフスキー)
15.「僕のエリ 200歳の少女」(スウェーデン/08/トーマス・アルフレッドソン)
16.「東京物語」(日本/53/小津安二郎)
17.「大地のうた」「大河のうた」「大樹のうた」3部作(インド/55~59/サタジット・レイ)
18.「オールド・ボーイ」(韓国/03/パク・チャヌク)
19.「アギーレ・神の怒り」(ドイツ/72/ベルナー・ヘルツォーク)
20.「天国の口、終りの楽園。」(メキシコ/01/アルフォンソ・キュアロン)
21.「吸血鬼ノスフェラトゥ」(ドイツ/22/F・W・ムルナウ)
22.「羅生門」(日本/50/黒澤明)
23.「ミツバチのささやき」(スペイン/73/ビクトル・エリセ)
24.「炎628」(ロシア/85/エレム・クリモフ)
25.「U・ボート」(ドイツ/81/ウォルフガング・ペーターゼン)
26.「美女と野獣」(フランス/46/ジャン・コクトー)
27.「ニュー・シネマ・パラダイス」(イタリア/89/ジュゼッペ・トルナトーレ)
28.「紅夢」(中国/91/チャン・イーモウ)
29.「大人は判ってくれない」(フランス/59/フランソワ・トリュフォー)
30.「インファナル・アフェア」(香港/02/アンドリュー・ラウ&アラン・マック)

メトロポリス、戦艦ポチョムキン、吸血鬼ノスフェラトゥ、美女と野獣はさすがに古いと思う。
そのほかでもパンズ・ラビリンス、僕のエリ 200歳の少女、アメリが入っているのが驚いた。
この30本の中で観てない映画を数えたら七本と、結構見ているんだなと、
<メトロポリス><戦艦ポチョムキン>まったくつまらんかったが、ちゃんと映画館で見てますよ。
韓国映画とアニメは結果的に見ないんだが、当然<千と千尋の神隠し>は見ていない。


ロシアのタルコフスキー、フランスのゴダールが無いのが意外なんだが、と、書いて100本
全部見たら、62、68にありました。カーウァイの<花様年華>42位そうだよね、良いよね。
<ジュールとジム>46位が入っているのはうれしい。ヴェンダース<ベルリン・天使の詩>64位
ヘルツォークはフィツカラルドの方が好きだが。
総じてこの100本結構満遍なく入っているんじゃないかな?

でも、一番意外と思ったのはテオ・アンゲロプロスの<旅芸人の記録>が入っていない事だ、
これは残念だ。
それから<大地の歌>が入っているなら<青いパパイアの香り>も当然入れたい。
新しいところでは先日見たトルコ映画<蜂蜜>も入れたいな。

そして、ベルイマンは<第七の封印>よりは<ファニーとアレクサンデル>がなんといっても
一番でしょう。もし、これが30位に入っていたら、これがベストワンなんだが、
でも今の30の中だったら七人の侍が一位かな、
しかし、とにかく、僕の一番の監督はジャン・ルノワールで
彼の<大いなる幻影>、特にシュトロハイムがもう男優でも一番で、
とにかく僕にとってのめちゃくちゃ一番はずーーと変わらない。
a0126690_12145422.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2012-01-21 10:54
2012年 01月 15日
レオン
まあ、そんな訳で少しづつ繪をはじめています。
予定は未定で、30Fはもう無理としても10F二点も
どうなりますか?

映画ねたですが、ブラックスワンの主人公の俳優、ナタリー・ポートマンでしたか、
そうでしたか、
スターウォーズでの彼女も、そうですね、もうレオンのマチルダではなかったし。
まあ、才能豊かなとても美しい女優さんでしょうか。

やはり、レオン、でのマチルダを見るために4度も映画館にも、
そして、僕にとって少女といえばやはりマチルダが一番で。
このレオンが1994年製作で、そりゃ誰でも考えますわな、彼女のロリータを
でも彼女は、1997年版ロリータの出演依頼を拒否。
彼女がユダヤ教からなのかな、レオンでも監督はヌードシーンを
考えていたらしいんだが彼女か親が拒否したと書かれていますね。

映画ロリータではジェレミー・アイアンズが教授ハンバートにぴったりだったから
よけい彼女で見たかった。
皆思い違いをしているんだと思うんだが、
小説ロリータはきわめて全うな恋愛小説で

<頭のかたいこと言わないで、過去は過去じゃないの。
いいお父さんだったと思うわ。それだけは認めたげる。>
<ディック、これがあたしのパパ>

彼女の演技でこんなロリータの残酷なせりふが聞きたかった。

所でレオン、実はちらっと彼女のパンツが見えるシーンがありまして、
当然確認したいですよねマチルダファンとして、完全版で言えば三箇所。

0.18.30  白
1.52.53  花柄
2.06.41  白

a0126690_11144595.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2012-01-15 10:50
2011年 12月 06日
室生犀星<蜜のあわれ>
姉の見舞いに成田まで行った帰り、
最初の予定では佐倉のえーーと、なんだったかな、
変わった美術館が佐倉にあって、コーネルをいくつかもっているんだが、
そこまで行こうかと思って、降りたんだが、3分差でバスが出てしまい、それが一時間に
一本で、タクシーを聞いたところ、3000円はやはり高く、
駅で角を買って、思案するも、銚子にでもいって鰯でも食べに行くのもよいかなと
反対の電車に乗り、銚子に行くも、銚子電鉄で突端の一番先に行く心つもりが、
海は鎌倉でも見れるし、鰯もこの銚子でも食えるだろうと、面倒になり、
結局銚子で一泊し、近くの食堂でいわし、鯵、湯豆腐で焼酎お茶割を飲んできた。
やはり、カツオかマグロにしとけば良かったが。

次の日その銚子からの帰り、今度はその快速電車が小岩あたりでの
人身事故で、総武線快速が、なにやらそのあたりで身投げが集中していて、
またかといった事を前の席の客が話しているのを聴きながら、、、、
角を飲みながら、虞美人草を読むも、
ああ、昔大学での友人の石川がそんな現場にぶつかって胴が半分なのをみた、、、
とかの話を急に思い出して、、ああ、飛び込んで胴が半分になってしまう人生も
惨めだなと、、また、それらを処理する人たちも大変だなと、そんなこんなでこのまま、
箱のなかでの一時間はつらく、それに、朝から角だけで何も食べていないのを思い出して、
まずは駅そばかなと、、千葉のホームに降り立つや、市立美術館でのデュシャン、
滝口修造展の広告をみつけ、ふらふらと外に出た。
(18のときから四年ほど千葉にいたのだが。それももう40年も経つんで、、
昔の面影はどこにも無く、、、)

道の中ほどで、小を足しにパルコに入るも、なんと、探していたような
黒の絹地に金魚の刺繍のサルエルパンツを見てしまい、
即試着、即着用で、即着替えて、、、そのときちょうど先日の赤い革靴であって、
赤いカルバンクラインのちょうど左上あたりのひざ下に金魚がひらひらと泳ぐ様は
我が姿ながら、なかなかポイント良く、お客様とてもお似合いですよとの、
とてもスリムでかわいい売り子のおせいじを真に受け、心持晴れやかになった気分で、
ひらひらとした金魚を連れてパルコを出るへたれぶり、、、、
これの気分はまるで犀星の金魚娘の小説だなと思いながら、屈んで金魚の尻辺りの
金糸をなでてみるのであった。

「一たい金魚のお臀って何処にあるのかね」
「あるわよ、附根からちよつと上の方なのよ」
「そうかい、人間では一等お臀というものが美しいんだよ、
お臀に夕栄えがあたってそれがだんだんに消えてゆく景色なんて、
とても世界じゆうをさがして見ても、そんな温和しい不滅の景色はないな」
「おじさま、大きな声でそんなこと仰有ってはずかしくなるじやないの、
おじさまなぞは、お臀のことなぞ一生見ていても、
見ていない振りをしていらつしやるものよ」
「そうはゆかんよ、夕栄えは死ぬまでかがやかしいからね、
それがお臀にあたっていたら、言語に絶する美しさだからね」
室生犀星<蜜のあわれ>

a0126690_11523816.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2011-12-06 09:03
2011年 10月 07日
銅版画作品(20代)
a0126690_91188.jpg

a0126690_811562.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2011-10-07 08:47
2011年 10月 03日
銅版画家大矢雅章さんの版画展
遅くなってしまったがちょうど先週の日曜日にぐるぐる通信の版画家大矢雅章さんの版画展で小田原に行ってきました。

銅版画のフィールドでなかなか渋い、ちょっと地味で、でもきわめてまっとうな土地に線を引いたものですね。
その土地を手放さずこつこつと開拓しているのだと思いました。
版を作るときの心構えなのか、版に向かったときの気持ちなのか、それがとても慎重で真摯で、大仰なものにしない。
この心構えがいいですね。
そして、なんと言えばいいのかな?形を創った時でも、不思議に型にはめない。型から作らない。
また、ぐるぐるをはめて固めても気分のゆれを常に銅版と紙の間に挟もうとしている。
それがとても気持ちよくきちっと挟まれている、そしてそれを挟んでいる製版と、印刷の技術がとても高い。
これはなかなかここち良いです。
彼の銅版と理性的な気分と紙のサンドウィツチはとても上質なサンドイッチになっています。
そんなところが彼の資質であり魅力だと思いました。
a0126690_92524.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2011-10-03 09:32
2011年 09月 29日
銅版画作品(30代)
a0126690_9211369.jpg
a0126690_921203.jpg

a0126690_8122795.jpg
a0126690_8123357.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2011-09-29 09:21
2011年 03月 27日
油彩
少年王國<自画像を描くと言うことは、おのずと潜在的に潜む眼球の提示をいみする。>30F

セルフ・ポートレイト展
ーキャンバスの中の巨匠たちー
4月24日から6月12日まで
石川県立美術館

a0126690_10563467.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2011-03-27 09:32
2011年 02月 16日
銅版画作品(40代)
a0126690_9154891.jpg

a0126690_875464.jpg

a0126690_88671.jpg
a0126690_881580.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2011-02-16 09:15
2011年 01月 01日
架空の<少年王國>展
最初の銅版画が24歳の時で、最後の油彩画が70歳現在の作品です。
50年近く画家を続けてきて、作品は確かにもう少しあるんだが、これらは
自分でちょっと好きかなと思える作品をいくつか選んだものです。
これが実に悲しくなるほどささやかな作品の集まりにしかならなかった。

しかし子供のころから、とてもささやかでひっそりとした夢想を見続ける生き方に
あこがれて、その夢想を描いた作品をまとめた結果がこれら絵画作品であることも確かで、
それらが実に悲しくなるほどささやかな作品の集まりとしても僕の夢もこの程度でしかないと
いうのも、まあそれはいたしかたないと思っている。

これに模写のデューラー作品数点加えて、何時かどこかとてもちいさい会場で個展とか
思わなくもないんだが、しかし自分の頭の中にはこれらの繪が飾ってある空間が常にあり
ことさらその空間を現実にさらしたいとも思わない。これらは夢というより自分そのものだもの。

デューラーの模写から始まった僕の製作に費やす時間もたぶんもう残り少ないんだが、
最後に何とかデューラー的な西洋古典派風にまとめる事ができとても喜ばしい。
何時か無事に僕のあこがれた夢想の円環を閉じることができそうだ。
a0126690_11455883.jpg
a0126690_114681.jpg
a0126690_1147047.jpg
a0126690_11464240.jpg
a0126690_114650100.jpg
a0126690_11465731.jpg
a0126690_1193550.jpg
a0126690_119444.jpg
a0126690_1110086.jpg
a0126690_1110799.jpg
a0126690_11101724.jpg
a0126690_11102366.jpg
a0126690_10484034.jpg
a0126690_16335191.jpg

a0126690_1716348.jpg

a0126690_14534161.jpg

a0126690_14545156.jpg



a0126690_14252291.jpg

a0126690_1428349.jpg
a0126690_10020454.jpg

[PR]

# by eichi_wata | 2011-01-01 09:43