2017年 05月 21日
絵を変えたのだが
あれ?鶯がいつもの鳴き声で鳴きだした。

筍がまだ三日に一本程度生えてくるので切るのが朝の日課になっている。
とても狭い所なんだが、急な坂で降りて切るのが面倒なんだ。
竹はこまめに切らないと大変なことになり、毎日新しい筍が食べられると
喜んでほおっていたら以前一階の父の部屋の床をぐんぐん持ち上げて
きたことがあって、えらい目にあった。
それからせっせと切ることにしたのだが。接している隣の竹林は元気元気で。

暗くこまいだけの絵をこれから何時までか分からないが
人生の最後まで描き続けるのかと思うと気がめいり、
まだ間に合ううちに明るい絵を描こうと始めたのだが、
今までの絵と違うものにしようとするとなかなかうまくいかず、
当然だよね。あえて暗く変な絵をといって続けてきたのに、
今月になって、何点破棄したろうか。
違う絵をといって一応描いてみるのだが出来上がって見ると
どこかで見たような絵であったり、特に魅力のある絵でもなく、
あーーーまたダメか、

こんな時以前は家内に意見を聞いたのだが、もういないし。
また暗い絵に逆戻りか、、、、、
どうしようもないドツボにはまった気分だ。

来月のMとMの友人とでの山形へのサクランボ狩り中止にした。
とても気持ちの余裕が持てない。
六月末の四点の依頼も無理っぽくなってきた。

[PR]

# by eichi_wata | 2017-05-21 01:34
2017年 05月 20日
独居老人の一日
ほとんど変化がない毎日だ。
四時か五時起きて、熱いお茶を飲んで、血圧を計り、血糖値を計り
今日は何をしようかと大まかなことを考えて、
明るくなったら庭の草刈りをして、やっと筍が出てこなくなったとホッとし、
ドクダミを手早く刈り、

いつもの豆腐、油揚げ、ミョウガ、青菜、茅乃舎だしで味噌汁を作り、
麦飯150gをチンして、半分を夕食に、半分を茶碗によそい、
生卵で朝食をとり、新聞を読み、七種の薬を飲み
コーヒーをいれ、それをもって二階の仕事場に上がり、家内のコツに
おはようと声をかけ、さて、今日の音楽は何にするかを決め、
と言っても最近はバッハのピアノ曲なのだが、その日の気分で
グールドを入れるかいらないかの違いなんだが、ともかくプレイリストを
作り、ブログを更新するかどうするかを決め、
そして、今こうして書いている訳だが。

四十年程度同居していた九十一になる義母が歩いて五、六分の老人ホームに
居て、途中のコンビニで最近イチゴが店頭からなくなり、何ももって
いくものが無くなり、果実はイチゴと桃とミカンしか食べないので、
もうすぐしたら桃が出るからねと言い訳をして、
果物屋に行けばイチゴも桃も多分あるのだと思うのだが逆方向で、

老人ホームももうすぐ一年になるので、以前は部屋の中で一人で
殆どいたのだが、最近はラウンジで四人のばあさん達といることが
増えて、顔つきもしっかりしてきた。部屋にいるときは色々話しかけ
るのだが、今は顔を見せに行き、変わりがないかの声をかけるだけで
済むのでずいぶん楽になった。
ここ十年近くの義母は家内の名を泣きわめきながら昼夜構わず壁を叩く
ことを繰り返ししていた惨状を思い出すと家内も早くこういった施設に
預ければ体力も落とさずに済み病気にもならず長生きしたのかも
知れないと思っている。家内はなぜあれほど頑なに施設にあずける事を
嫌がったのだろうか?金銭的なことではないので良く分からなかった。

で、今日は冷蔵庫が空になって来ているので夕食の買い物に行かねばと、
パネルに紙を貼りジェッソを塗る予定の二つを入れた。
[PR]

# by eichi_wata | 2017-05-20 07:46
2017年 05月 19日
三島での休日
静岡の友人Mが大船に遊びに行くよと連絡があったのだが
ここしばらく家で絵の仕事を続けていたので外に出たくなり
中間点のあたりにある三島で会うことになった、

三島と言えば家内と昔時々行っていた桜屋に行った。
予約を入れてあったので割と早く入ることが出来たのだが、
二時ごろなのだが外で待っている客は10名程度いたろうか?

Mは前は三枚食べたのだが多かったといい、二枚のうな重を食べ
僕は肝焼きと白焼きを山葵、鯵の酢の物でお酒を飲んだ。
会うのは二週間ぶりなのだが先日何があった等々の報告が延々と
続き、うんうんとそれを聞きながら、酒を飲み、
姫路にいるおばさん友人にはそんな二十代の子と話合わせるの大変でしょうと
言われているのだが、特に不都合はなく、話をうんうんと聞いてれば
良いし、時々かわいいねと褒めてあげればいいんだよと言ったばかりで。
そういえば小学生の頃でも外でキャッチボールなどした事もなく、
図書室で女の子の話をうんうんと聞いてばかりいたなと思い出す。

お酒もすすみ、足元もおぼつかなく、Mはメロンパンを家族のお土産として
並んで買い、源平川をさかのぼり、足を踏み外したりしながら蕎麦屋の前を
通ったら、あれ、いつもは早じまいしているのが今日は空いてるぞと、
二人でせいろ一枚でも良いかと断りを入れたら、うれしいことに許可をもらい、
三種かわりそばを一枚注文した。
いやあ、香りのいい蕎麦でMはこんな蕎麦は初めてだとほめるもので、
そうだろう此処の蕎麦はうまいんだよと良く知っているような事を言い、
結局もう一枚注文してしまっていた。

その店を出て、Mは洋服を見たいという店に入り、これと、これと、
これかななどと、僕がいくつか選んでそのたびに何度も試着を繰り返し、
結局黒のシックなブラウスとグレーのしゃれたTシャツ二着を選んであげた。
いつもなら静岡まで送って行くのだが今日は仕事が気になるので
帰るねと言ったのだろう、来月は山形にサクランボ狩りの約束をしたような
よく覚えていない中、家のベットの中にいた。
そんな昨日は休日のようなデート日和であった。




[PR]

# by eichi_wata | 2017-05-19 10:00
2017年 05月 16日
安井収蔵さんが亡くなられた。
五月三日に亡くなられたとのご家族の方から丁寧な
はがきを頂戴した。

<葬儀、戒名無用 どなたにもおしらせするな
御厄介になった各位に深く感謝の意をお伝えすること>
が書き残されていたとの由。

安井さんらしい。

1970年日動画廊で版画グランプリというコンクールが開かれた。
その時の一位が当時23歳の僕で、それで結局、今まで永く画家で
居続ける事が出来たきっかけとなった、とてもありがたい賞だった。

その時の審査で僕を押して下さったのが銅版画家の駒井哲郎さんで、
そして美術評論家の安井収蔵さん、画廊社長の長谷川徳七さん達の
面々であった。

あれから、50年近くずいぶん長い間ごくたまにではあるのだが、
交流を続けて頂いた。とても気さくな方で、ロシアに二十日間程度
だったかな一緒のとても楽しい旅行をしたことがあった。
ずいぶん豪華な旅行だった。

また日展と芸術院の推薦にかかわるもろもろの問題を長く取材し、
連載もされていたので、ひょっとすると日展関係者ほっとしている方が
おるやも知れない。
僕の親友の彫刻家だった叔父が電車に飛び込んだ事件の裏話も教えて
頂いた。まさに勲章を金で取引する不思議な世界があり、その中でいそしむ
画家がおり、それを取り成す美術評論家がいるということらしい。
そういった美術界のしがらみとは距離を置いたとても清い性格の方でした。

当方は賞を頂きながらその後の活躍もなく、また銅版画も止めてしまい、
まったくがっかりもさせてしまった事かと思います。
申し訳ありませんでした。でもおかげ様で僕の人生は楽しかったです。
審査員の方々に感謝申し上げます。

享年90歳、ご冥福をお祈りいたします。


[PR]

# by eichi_wata | 2017-05-16 07:54
2017年 03月 28日
変化なし
体重も7キロやせてからここ2週間はほとんど変動なくなった。
血糖値は140台に下がって、このままいけばふた月ほどのち
薬を半分か全部か減らせそうだ、
糖尿病には糖質制限はやはり効果があると思うんだが。
相変わらず糖尿病学会は江部先生の糖質制限説を今でも認めないようで。
危険だというばかりで、なぜなんだろうか?理由があると思うのだが、
その理由がいまいちわからないのだが。まさか患者全員にインシュリン注射を
使うようにさせたいのかしら?

次の締め切りが来月の半ばなんだがどうも絵を描くぞという気力がわかず、
だらだらと絵と違うことばかりしている。
と、言っても美術館とか映画とか、もうまるで興味が起きないので、
やることは限られているのだが。
食事の買い出し、草刈り、本を読む、昼寝、少々の下図描き、
今日は何の音楽を聴こうか。こんなところで一日が暮れ行く。
今日はスパイ小説を図書館から借りてきたので、と書いて
今日はサッカーの試合があるんだ。

しかし、よその独居老人は一日何をして時間をつぶしているのだろうか?
a0126690_08451252.jpg


[PR]

# by eichi_wata | 2017-03-28 08:37
2017年 03月 23日
今頃急に花粉症が
友人二方がそれぞて神戸と福岡で個展を開いているのだが申し訳ないのだが
今回は伺えません、あしからずです。先々週ちょうど大阪の東洋陶磁美術館に
行ったばかりなもので。想像以上にやはり青磁水仙盆は美しかった。
大阪に足をのばして良かった。
大阪の東洋陶磁美術館、ごくたまに大阪に行ったとき覗くのだが、
大体いつ行っても、あーーー美しいものを見せて頂きましたと感謝してしまう。

展覧会の依頼が例年通り七月までの締め切りで六点来ているのだが
一応一点は描き終えて次のにかかろうかと、

以前日動画廊という画廊で1970年から16年間の間
版画グランプリという展覧会があったのだが、
今度その展覧会に出していた方々の作品、当時の作品と
新作二点で八月に展覧会を開きますから出してくださいという依頼が
来たのだが、まあ物好きなと思っていたら、発案者が中林忠良さんで、
でもここ三十年は版画は作っていないので新作はどうしようかと?
どうなるのでしょうか?

先日旅行中に又吉の<劇場>を読んだのだが、そのあと今月は小川洋子を
数冊よんでいた。でも、この頃新しい小説を読んでもひとり置いてけぼりの
状態になることが多く、それなら無理に新しい小説を読まなくともと、
日記か、日記的な本を、適当な日をぽつぽつと読むことが増え、
そうなると僕にとって堀江敏幸の<河岸忘日抄>か、二階堂奥歯の<八本脚の蝶>
になるのだがそれらを適当に読んでいたら、積読本の一番下にある、1970年当時読み
散らかした、ユリイカに連載されていた大岡信の<彩月記>、<狩月記>が
読みたくなり少しづつ読み返している。
特に<狩月記>は銅版画について書かれている章があり銅版画の素晴らしい
解説になっていてうれしい思いをしたことがあって、

音楽は古楽器によるハイドンの弦楽曲を飽きもせず毎日聴き、
血糖値は150前後で安定し、体重が7キロやせたところで大体止まったようで、
お酒はやめ。少しづつ庭の草刈りをし、少しづつ絵を描き、
このブログに毎日大体15名の方々が訪れて下さり、そんなおだやかな毎日が続く。
a0126690_10123445.jpg




[PR]

# by eichi_wata | 2017-03-23 10:04
2017年 03月 17日
籠池問題のさなか、僕のライカが壊れてしまった
で、カメラのM8がスイッチが入らなくなってしまった。
5、60万するカメラが七年程度で壊れるのもどうかと思うが。

横浜そごうのライカショップに行ってきたのだが、ケースにあった
最新型のM10をしばらく使わしてもらった。これはとても良い。
今までのM8の不満が解消され、理想的なデジタルライカになっていた。
ただ、もうさすがに五台目のM型ライカはいらないな。たぶんいらないな。
値段が1000000円。これは貧乏画家にはだいぶ高い。

ボランティアで参加していた児童教室も数年前止めてしまったので
写真を写す機会もめっきりなくなってしまい、続いていれば買ったろうが、
これから先、ひきこもり老人がたくさんの写真を写すだろうか。

フイルム写真からCDに焼き付けしてもらい写真をパソコンに入れるようになって十年、
パソコンのフイルムフォルダーの数を調べたら約300本10000枚写していた。
デジタルホルダーには16000枚あった。デジタルの場合半分近く消しているので
デジタルとフイルムで実際は30000枚程度写しているのだろうか?
もちろんそれ以前のモノクロのネガ、ポジを含めれば引き出しの棚三つあるので
まあ趣味としてはそこそこの数だと思うのだが、

でもこれからは、絵を描く気力も乏しく、本のあらすじを追うだけでも必死で
とてもほかのことに気力を使う余裕はもうないと思う。
でも仕事机の片隅にライカM10があったなら素敵だろうな。

a0126690_11013375.jpg





[PR]

# by eichi_wata | 2017-03-17 09:52
2017年 03月 05日
鶴田謙二が冒険エレキテ島の二巻目を出すという奇跡
せっかくロモレンズを使っているのだからもっとロモカメラの
ように写真ができないものかといじっているのだが。
最もロモカメラといってもほとんどの方はわからない思うんだが。

今月中の締め切りの作品あったんだが、画廊からの日にちを書いた手紙を
どこかなくしてしまい、何時だったか記憶もあいまいで。
そのうち電話でも来るのでしょう。
少年王國の10号バージョンと20号バージョンに取り掛かっているのだが、
10号はもうすぐなんだが、20号は間に合うかしら、

漫画家の鶴田謙二が冒険エレキテ島の二巻目を出すという、え?-------
すごいニュースがあった。え?---------。奇跡だ。
わかる方にはお分かりかと思いますが、今までいろいろ続きものの本を書いていても、
飽きてしまうのか書きっぱなし、つづくという展開であっても続きなし。
うーーーん、このもやもやの未消化ゲル状態どう晴らすんだよ、、、、、の連続。
それが、その中で初めて二巻目を出すのですよ。
これは奇跡なんですよ。鶴田謙二ファンとしては、それも五年待っての二巻目、
お約束のように女の子がお風呂に入るシーンが入っていると嬉しいな。

a0126690_10391437.jpg



[PR]

# by eichi_wata | 2017-03-05 11:56
2017年 02月 25日
三週間
二度目の糖質制限を初めて三週間。

今回は食事制限は年のせいか、さほど苦痛ではなくなって来ていた。
軽い朝食と、軽い夕食の二食ですんでいる。お酒もやめた。
三週間で4キロやせた、でもやせるのが目的ではないので、
2,3年続けなければいけないので先は長い。一生かな?

今はローソンに糖質制限パン<ブランパン>があると知って重宝している。
以前はとても高いパンを取り寄せていたのだが。
これが本日の朝食。ブランパン一個、これで糖質2.3グラム。
お肉に少し甘いたれがかかっているので糖質はもう少しかな?
これにオニオンスープ、スープは日によって違うが。
そして朝一番の大麦若葉茶。
家内だったらレタスかキャベツを挟めと言ったろうな。
そのうち夜もこれに卵料理とリンゴとかで十分になるかも知れない。
外食と居酒屋さよならの糖質制限ガチガチの江部教に戻った。

村上春樹の新作、ずんずん重くなってくる、騎士団長登場。
なんだかんだ言っても面白い。春樹訳、グレート・ギャツビー風な味付けで、
前作、前前作よりすんなり入り込めた。
1Q84は何だったのだろうか?
a0126690_16052800.jpg



[PR]

# by eichi_wata | 2017-02-25 16:05
2017年 02月 13日
ちょうど十年目、また始めたカメラ散歩。
違うプロバイダでホームページを始めたのがちょうど十年前になる。
その始める理由が、いろいろ写しもしないカメラとレンズが増えたので
少しでもブログを始めればこれらカメラも使われるのではないかしらん
といった理由だったんだが。

その最初のホームページの記事はすっかり削除してしまったので
今はないのだが。
そのホームページは生真面目にHTML構文から書いていたもので
結構更新するのが面倒で、そのころ姪がこのエキサイトブログで
ブログを続けていたので、僕もこのブログに変更したのだった。

その後ほとんどのカメラとレンズは下取りしてしまったんだが、
七、八年前にLicaM8を買って旅行には持っていってたのだが、
重いし、面倒なのでiPodでもブログ程度の写真は十分で、そんな、
こんなで今に至るんだが。

先日ロモレンズ(Lomo LC-A Minitar-1 32/2.8)を買ってM8に付けて
これぞ究極のトイカメラだと一人悦に入り遊んでいたのだが、以前続け
ていた糖質制限を家内が亡くなってから、サボっていたのだが、HbA1c値が
80いくつで
糖尿の数値が300を超えだして、急きょ薬を使って下げるように
しはじめたのだが、出来れば薬は使いたくない。
努力すればまだインシュリンを使わなくとも良いぎりぎりのところらしく、
それならもう一度、糖質制限を復活して、下がるものなのか、それとも手遅れなのか
そんな状況なのだが、一応糖質制限と運動を始めたわけだ。
糖質制限は七年ばかり続けていたことがあって、最初は戸惑ったんだが、続けていくうちに
コツがわかり、さほど大変にはならなくなって薬も飲まないですんでいたのだが。

実際糖質制限を再開してみると、その時より今は食事量も少なくなったので、まったく
炭水化物を取るのを止めても以前に比べればさほど苦痛ではなくなったんだが、
問題は運動なんだ。運動が嫌いなんだが仕方がない、
買い物を兼ねて街をぐるぐる回り一時間程度の散歩を始めて、その時、重いんだが
このトイカメラをポケットに入れて道々、どうでも良い写真を写しては今いるのだった。

庭の草も少しずつ生え出しているのでこれからは草取りをせにゃならんので、運動量も増え
夏ごろには血糖値も下がっているだろう。たぶん、

a0126690_16453397.jpg
a0126690_16453929.jpg

a0126690_17125079.jpg



[PR]

# by eichi_wata | 2017-02-13 16:46