2017年 05月 21日
絵を変えたのだが
あれ?鶯がいつもの鳴き声で鳴きだした。

筍がまだ三日に一本程度生えてくるので切るのが朝の日課になっている。
とても狭い所なんだが、急な坂で降りて切るのが面倒なんだ。
竹はこまめに切らないと大変なことになり、毎日新しい筍が食べられると
喜んでほおっていたら以前一階の父の部屋の床をぐんぐん持ち上げて
きたことがあって、えらい目にあった。
それからせっせと切ることにしたのだが。接している隣の竹林は元気元気で。

暗くこまいだけの絵をこれから何時までか分からないが
人生の最後まで描き続けるのかと思うと気がめいり、
まだ間に合ううちに明るい絵を描こうと始めたのだが、
今までの絵と違うものにしようとするとなかなかうまくいかず、
当然だよね。あえて暗く変な絵をといって続けてきたのに、
今月になって、何点破棄したろうか。
違う絵をといって一応描いてみるのだが出来上がって見ると
どこかで見たような絵であったり、特に魅力のある絵でもなく、
あーーーまたダメか、

こんな時以前は家内に意見を聞いたのだが、もういないし。
また暗い絵に逆戻りか、、、、、
どうしようもないドツボにはまった気分だ。

来月のMとMの友人とでの山形へのサクランボ狩り中止にした。
とても気持ちの余裕が持てない。
六月末の四点の依頼も無理っぽくなってきた。

[PR]

by eichi_wata | 2017-05-21 01:34


<< 目下明るい絵に脱皮中      独居老人の一日 >>