2017年 05月 20日
独居老人の一日
ほとんど変化がない毎日だ。
四時か五時起きて、熱いお茶を飲んで、血圧を計り、血糖値を計り
今日は何をしようかと大まかなことを考えて、
明るくなったら庭の草刈りをして、やっと筍が出てこなくなったとホッとし、
ドクダミを手早く刈り、

いつもの豆腐、油揚げ、ミョウガ、青菜、茅乃舎だしで味噌汁を作り、
麦飯150gをチンして、半分を夕食に、半分を茶碗によそい、
生卵で朝食をとり、新聞を読み、七種の薬を飲み
コーヒーをいれ、それをもって二階の仕事場に上がり、家内のコツに
おはようと声をかけ、さて、今日の音楽は何にするかを決め、
と言っても最近はバッハのピアノ曲なのだが、その日の気分で
グールドを入れるかいらないかの違いなんだが、ともかくプレイリストを
作り、ブログを更新するかどうするかを決め、
そして、今こうして書いている訳だが。

四十年程度同居していた九十一になる義母が歩いて五、六分の老人ホームに
居て、途中のコンビニで最近イチゴが店頭からなくなり、何ももって
いくものが無くなり、果実はイチゴと桃とミカンしか食べないので、
もうすぐしたら桃が出るからねと言い訳をして、
果物屋に行けばイチゴも桃も多分あるのだと思うのだが逆方向で、

老人ホームももうすぐ一年になるので、以前は部屋の中で一人で
殆どいたのだが、最近はラウンジで四人のばあさん達といることが
増えて、顔つきもしっかりしてきた。部屋にいるときは色々話しかけ
るのだが、今は顔を見せに行き、変わりがないかの声をかけるだけで
済むのでずいぶん楽になった。
ここ十年近くの義母は家内の名を泣きわめきながら昼夜構わず壁を叩く
ことを繰り返ししていた惨状を思い出すと家内も早くこういった施設に
預ければ体力も落とさずに済み病気にもならず長生きしたのかも
知れないと思っている。家内はなぜあれほど頑なに施設にあずける事を
嫌がったのだろうか?金銭的なことではないので良く分からなかった。

で、今日は冷蔵庫が空になって来ているので夕食の買い物に行かねばと、
パネルに紙を貼りジェッソを塗る予定の二つを入れた。
[PR]

by eichi_wata | 2017-05-20 07:46


<< 絵を変えたのだが      三島での休日 >>