2017年 06月 03日
何のことはない
絵は何のことはなく元の少年王國に戻った。
新たに描いてみた絵を毎日つらつら見ているんだが、
さして面白くなく、さして描く意味も感じない。

もっともこの描く意味と書いても別に深い意味が
あるわけではなく、単に自分の中に描きたいという
欲求があるか無いかの違いなんだが。

半年ぶりにハーゲンダッツの小カップの半分食べた。甘かった。
ハーゲンダッツが好きな家内は全身動かない状態でも食べたいといった。
医者はなぜか点滴の効力を失うので上げないように言われていたのだが、

あの病院での本当は視神経髄膜炎のだったのが三か月も脳梗塞の治療に
励んで結局医者のいう事はハーゲンダッツを食べるな、この程度であった。
東大の神経内科を作ったお医者さんでも診断ミスは三割でとても難しい病気を
扱う科であるとの文を読んだのだが、だから別に未熟な医者を責めないが、
診断ミスと判断した二度目の病院では教科書の一番間違う項目にある病気
なので普通なら疑うはずで見逃すことはないはずだとの事まで言ったのだが、
でも、以前の二度の心不全を患った中で、いずれにしても心臓が
耐えられないぎりぎりの状態だったので、結局正しい診断で
治療をしてもステロイド治療は無理だったような気がしている。

とにかくMRIが使えないといった最悪な状況で、そのためもあって、
検査しか頼ろうとしない今の医者が未熟であるのかどうかは
僕らには判断のしようがない。

家内の亡くなる半年前の心不全の状況以降の坂を転げ落ちていくような
悪さの進み具合に、命とはこういった風にどうしようもなくなって
しまうのだと思った。


[PR]

by eichi_wata | 2017-06-03 05:52


<< 結婚式      HbA1cが65に下がった。 >>